軽自動車に車両保険は必要でしょうか?

軽自動車に車両保険は必要?

軽自動車車両保険について。

 

 

軽自動車に、車両保険を付ける必要性はあるのか?

 

 

セカンドカーとして、
新車の軽自動車を購入する友人がいました。
車両保険をつけるかどうか迷っているとのこと。
加入するに越したことはないとはわかってはいても、

 

 

軽だし、車両保険をつけるつもりはなかったそうです。

 

 

ディーラーで自動車保険に加入する際、
車両保険はつけたほうが良いと、
ディーラーに強くすすめられて、悩んでいました。

 

 

たしかに、できるだけお金をかけたくなくて、
車のグレードを下げ、できるだけ安い車を選んだのだから、
車両保険にお金をかけたくないという気持ちもわかります。
しかし、事故を経験した者の意見としては、
やはり車両保険を付けることをおすすめしたいですね。
軽自動車の車両保険料は、
小型車・普通車に比べて格段に安いですから、
充分車のグレードを下げた意味はあると思います。

 

 

自分は運転に自信があるから、
という方もいらっしゃると思います。
しかし、事故は自分で起こすものばかりとは限りません。

 

 

もらい事故

 

 

自分では決して避けることができない、
もらい事故というものがあるのです。
そして、いくらもらい事故とはいっても、
自分の車が完全に停止していた場合等、
かなり限られた条件でなければ、
車の修理代をすべて相手に出してもらうことは不可能なのです。

 

 

何十万円という修理代を、
いざという時に支払えるというのであれば、
車両保険に入らないという選択肢もあるでしょう。
しかし、そうでなければ、
車両保険に加入することをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

”万が一”は、突然訪れます。
そんな時、自分の身を助けてくれるのが、
車両保険なのです。

 

 

もし、あなたの所有する軽自動車が家族間で2台目以上であれば、
各損保ごとに、セカンドカーに対する割引が受けられることが多いです。
「セカンドカー割引」または
「複数所有新規契約割引」と呼ばれるものです。

 

 

例えば、チューリッヒの場合は、
2台目以降の車に初めて車保険を契約する場合は、
7等級が適用されます。
通常、初めて契約する場合は、
ノンフリート等級(無事故割引等級)は6等級からですから、
この割引は助かりますよね。
2台目以降の契約であれば、この割引を適用してもらいましょう。

 

 

車両保険をつけないことを検討する前に、
是非試してほしいことが有ります。

 

 

あなたの愛車の自動車保険料が、
他の自動車保険会社ではいくらになるのか。
調べて、現在の保険料と比較してみてください。
なぜなら、自動車保険(車両保険を含む)は、
同じ条件の車であっても、

 

保険会社によって、びっくりするほど値段が違うんです。

 

 

車両保険を付けても、
現在の車保険料よりも安くなる場合もあります。

 

 

私も最近、複数の会社の保険料を比較してみたのですが、
最安値のと最高値の差は、2倍以上もあったのです!

 

>>私の車の一括見積もり結果を安い順に比較した表はこちら

 

 

自動車保険料の相場を調べるのに便利なのが、こちら。

 

>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

数分の入力で、見積もりを一度に取って、
相場を比較することができます。
無料ですし、とても参考になりますよ^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「中古の軽自動車に車両保険は必要でしょうか?」のページに進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料