補償内容は同じじゃないから気をつけろ!

自動車保険CMに潜む、「アンフェア」な落とし穴とは?

 

 

自動車保険、
○○○○にすると、
安くなるって本当ですか?

 

 

こんな風に問いかけるCM、
最近、本当によく目にしますよね。

 

客:自動車保険、●●●●●にすると
安くなるって本当ですか

 

オペレーター:はい、●●様はゴールド免許ですから、
ここまでお安くなります。

 

(このとき画面左に表示されたカウンターの数字が、
4万円台からどんどん下がっていき、「29650円」で止まる)

 

客:えー! 補償内容は今と変わらないのに

 

 

また、別の外資系保険会社は、
ウェブサイトのトップページに、
他社と比べてみてください」という
「保険料比較」ページへの入り口を掲げています。
入口に入ると、国内損保4社との値段をグラフで並べて、
「43.1%OFF!! 31810円」と
自社の保険料がどれだけ安いかを宣伝しています。

 

 

弁護士らで構成する
適格消費者団体「消費者支援ネット北海道(ホクネット)」は、
こうした価格の安さを強調した比較広告に警告を発しています。

 

テレビやラジオなどで、

 

『補償内容は同じなのに価格が安い』

 

といった損保会社の比較広告を本当によくみますが、
実際に交通事故被害者の相談を受けている、
ホクネットの検討委員会委員である青野渉(わたる)弁護士は、

 

弁護士としては、

 

『補償内容は同じじゃないから気をつけろ!』

 

と声を大にして言いたい。
とのこと。

 

 

青野弁護士が特に問題視するのは、
人身傷害保険の「倍額条項」。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自動車保険の「倍額条項」をご存じですか?

 

安さを売りにした自動車保険のテレビCM。
その安さの裏に「倍額条項の有無」の差がある可能性が
指摘されています。

 

 

「補償内容は変わらない」と思っていたら、損保会社によって、
倍額条項がついていたり、いなかったりするのが実情らしいのです。

 

 

賠償保険や車両保険など、
さまざまな種類がある自動車保険のなかで、
人身傷害保険とは、
契約者が自動車事故の当事者になった際、
過失の割合にかかわらず、
実際にかかった入院費や休業補償、
慰謝料などが補償される保険です。

 

 

事故でけがをしても、
自損事故や自分に重過失がある場合、
また加害者である相手側が無保険である場合は、
経済的に困窮して、
満足な治療が受けられない可能性があります。

 

 

そんなときに、契約者本人と家族であれば、
自動車に乗車中だけでなく、
歩行中や自転車乗車中に事故に遭っても
補償されるタイプもあります。

 

 

この人身傷害保険に、倍額条項がついていると、
事故で要介護の重度後遺障害と診断されたとき、
支払い上限が2倍になるのです。

 

 

保険金額によっては
条項の有無は億単位の差にもなるのだとか。
事故によって重い障害を負う、
きわめて深刻な状況で適用される条項だけに、
条項の有無は、
事故後の契約者の明暗を大きく分ける可能性があります。

 

 

しかし、この重要な倍額事項が、
損保会社によって、同じ人身傷害保険でも、
ついていたり、ついていなかったりするのが
実情なのだというのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

前記したホクネットは、2012年9月、
比較広告が特に目立つとして、
チューリッヒとアクサ損保に広告中止の申し入れを行いました。

 

 

これに対し、チューリッヒは、

「倍額条項が適用されるようなケースは一般的に極めて少なく、
同条項の認知度も低いこと、また、
テレビCMには『本広告の保険料算出条件は、
一般的な補償内容を付帯した場合を
前提としております』と注記しており、
一般のお客様が想定しているであろう
極めてスタンダードな補償内容を
ベースとした保険料を掲載していること」などと理由を挙げて、
「消費者契約法に違反するものではない」

と回答。

 

 

一方、アクサ損保からは回答自体がなかったため、
ホクネットは今年1月に再度申し入れをすると、

「『人身傷害補償保険につきましては、
保険金のお支払いの際に用いる損害額基準等は
各社により異なる場合があります』
といった内容の注意文言を付加することで、
更なる注意喚起を行うことといたしました」

との回答。

 

 

倍額条項(事故で要介護の
重度後遺障害と診断されたとき、
支払い上限が2倍になる)がないのに価格の安さを強調する、
きわめてアンフェア比較広告は、
消費者の無知を利用した販売戦略と言われても
仕方がないのではないでしょうか。

 

 

どちらにしても、無知は危険なのです。

 

 

安さだけに気を取られて、
いざ、保険を使わなければならなくなった時に、
こんなはずではなかった。
知らなかった。
と泣き寝入りしない為にも、
自分が加入する保険を、
よく知っておくことが大切ですね。

 

 

そして、常に愛車の保険料の相場がどのくらいなのか、
知っておくこともたいせつです。
自動車保険は、
年齢によっては、割高になる
こともあるようですから、
自動車保険料は、毎年見直されることをおすすめします。

 

 

”安さ”は大切な条件のひとつではあります。

 

 

でも、それだけで保険会社・保険タイプを決定することなく、
補償内容をしっかりと理解し、契約内容をよく熟慮して
加入する保険会社を決定しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「自動車保険の中断制度」のページに進む

トップへ戻る