必ず負担が発生するわけではない、車両保険の免責設定

車両保険の免責設定とは?

車両保険の免責とは、どういうことか?

 

 

車両保険の免責金額設定、
必ず負担が発生するわけではないこと、
ご存知ですか?

 

 

車両保険の免責とは、保険会社が支払うべき保険金額を、
一部免除するといった意味合いです。
保険の契約者の立場から考えた場合は、
補償額を一部自己負担するということになります。
つまり、免責金額を設定するということは、
一部免除する(一部自己負担する)金額を
設定することを言います。

 

 

では、どんな場合でも、必ず
設定した免責金額の負担をしなければいけないかというと、
そうではないらしいのです。

 

 

修理金額が、保険金額を下回る程度の損害の場合は、
必ず負担は発生します。
しかし、

 

  1. 修理が不可能もしくは、修理金額が保険金額を超える場合

    全損)。

  2.  

  3. 相手が特定できる事故かつ、

    その相手が任意保険に加入している場合で
    相手の損害賠償金が免責金額以上の場合。

 

上記のような場合は、
負担が発生しないことも考えられるようです。

 

 

免責金額の設定により、
必ず負担が発生するわけではないのですね。

 

 

免責金額の設定をうまく利用して、
車両保険契約を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「軽自動車に車両保険は必要でしょうか?」のページに進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料