自動車保険・車両保険の必要性が身に沁みた管理人の体験談

車両保険に入っておいてよかった!自動車保険の必要性

車両保険は、自動車保険に本当に必要か?


「車両保険」とは、事故に遭ってしまった時、
自分の車を修理するための保険
そして、この車両保険、とても高いですよね。


車両保険とは、
自分の車を修理するための保険です。



車両保険をつけると、自動車保険の値段は一気に跳ね上がります。
ですので、車両保険に入るべきか、入らざるべきか、
悩む人は多いと思います。


全国で車両保険に加入している車両の割合は、
約4割程度だそうです。
それを聞いて、私は驚きました。
でも、それが現実。


車両保険は絶対に必要なの?


こんな風に疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。
少なくとも、私は、
車両保険に入っていてよかったと心底思う体験をしました。


私は、数年前に
交通事故に遭いました。




>>「交通事故体験談。696日の記録」のページはこちら


どう考えても、自分に非はないと思いました。
こちらからは、避けようのないものでした。


ところが、
被害者の過失が0%という交通事故は、
本当に稀なのです。



免許を持ち、車を運転するすべての人に発生する自己責任。
すべてのドライバーには、
「安全運転注意義務」
が課せられている為、


いくら相手の責任が大きい場合でも、
被害者側にも過失があるということになります。


停車している車両への追突、
センターラインを越えての事故、
相手の赤信号無視、・・・



これら以外は、被害者であっても
必ず過失割合が発生してしまうのです。


過失割合は、状況と判例を基に、示談により、
保険会社・当事者間の同意のもと、決定されてしまいます。


過失割合が発生するとは、どういうことなのか。


自分の車の修理に100万円かかるとします。


過失割合が5対5の場合、
相手に請求できる修理費は50万円。
自分で支払わなければいけない修理費も50万円。
そこで、車両保険に入っていれば、
自払い分の50万円をまかなえる可能性が高いということです。





特に、運転免許を取り立ての方運転に慣れていない方は、
当然リスクが高いわけですから、
車両保険加入を前向きに検討するべきです。


また、ローンやリースを利用している方にも、
車両保険に加入することをおすすめします。
ローンを組んで新車を購入するということは、
手元に貯金があまり無いという方も多いでしょう。


もし交通事故に遭った場合、
自分の車の修理代を出すのが難しい方もいらしゃるでしょう。
ローン残が残ったうえでの全損になる、ということも
絶対にないとは言えないのです。


車を失ったうえに、その車のローンの支払いは継続しなければならず、
そして、きっと新しい車の購入も考えなければいけないでしょう。
「悲惨」というほかありません。


保険会社に勤める知人の話によると、
全損になってしまった被害者の方がいたのですが、
車のローンの残債が車両保険で完済できた、ということです。
ローンで支払い中の車を運転されている方には、
より強く、車両保険への加入をおすすめしたいですね。

>>「車両保険とは?車両保険の種類・4通りの付帯方法」のページに進む


スポンサードリンク


車両保険に加入する必要ないのはこんな人


ある程度貯蓄がある人


どういうことかというと、車両保険とは、結局のところ、
自分の車の修理代を出してもらうための補償。


では、車の修理費はどのくらい必要なのか。
例えば、板金塗装で済む程度の修理なら数十万円。
廃車になってしまうほどの場合は、100万を超えたり、
新車を購入する必要に迫られたりもするでしょう。


しかし、人身事故の賠償金額が、
数億円になる可能性もあることと比べると、
この数十万円から数百万という数字であれば、
貯蓄で賄える、と感じる方も意外と多いのかもしれません。
私の場合は無理ですけどね^^;


というわけで、
車の修理また新車購入のために、さっと数百万円出せない方は、
車両保険の加入を真剣に考えることをおすすめします。

車両保険は示談をよりスムーズにしてくれる


前項でも触れたとおり、相手のある事故を起こすと、
加害者側・被害者側の間に、「過失割合」が割り出されます。


これは、判例タイムズ社が出版している
「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という冊子を元に、
保険会社の査定担当者が相手と交渉をして決定します。


しかし、当然のことではありますが、
加害者と被害者では言い分が異なることが多く、
保険会社に決定された過失割合に不満を感じ、
揉めることが多いのが、現実です。


実際、私の場合も、当初過失割合が15:85だと伝えられ、
大変不満に感じました。
この過失割合で、受け取れる損害金額が決定しまうわけですから、
それは必死になるのも当然です。


しかし、もし、車両保険に加入していたらどうでしょう。


過失割合に関係なく、とりあえず自分の車は、
自分の車両保険で修理できることになります。


結局大事なのは、特に物損の場合、
車の修理代がいくら出してもらえるのか。
これが事故後の最優先事項としてとても重要なことですから、
示談交渉を泥沼化させず、なるべくスムーズに進めるためにも、
できる限り車両保険には入っておくことをおすすめします。


車両保険のデメリット

  • 価格が高い

車両保険のメリット

  • たとえ、相手と過失割合でもめても、先に保険で車を修理してもらえる。

  • 事故の相手や状況に左右されず、 自分の生活と車をいち早く原状復帰することができる。



それじゃ、車両保険に入っておこうかな。
でも、やっぱり、高すぎるなぁ〜。


そう感じている方におすすめしたいサービスがあります。
こちらの自動車保険一括見積もりサービスです。


>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

こちらのサービスを利用すると、
複数の損保の見積もりを一度に取れてしまいます。

あなたの車の保険料を保険会社別に比較することができるのです。

わたしの場合は、この一括見積もりを試してみたところ、

保険料がほぼ半額になりました^^

これなら車両保険を付けても、家計の負担になりません。
もし、あなたが自動車保険の金額を
他社と比べたことがないのであれば、ぜひ、利用してみてください。


年齢によっても、価格がまったく変わってきますので、
自動車保険料は、できれば毎年見積もりを取り、
契約する損保を選び直すことをおすすめします。

雪の多い地域のドライバーさんの車両保険選び


「他車との事故で
損害を受けた場合のみを補償するタイプ」

を契約している場合は、
自然災害による損害で自動車保険を使うことはできないので、
特に雪の多い地域にお住いのドライバーさんは、
車両保険選びにはきをつけてほしい点です。


大雪による事故や損害に備えるという点で、
JAFに加入するという選択もあります。
詳細はこちら。

>>「スリップ・落輪・スタック救援・タイヤチェーン脱着は、JAFへ!」のページに進む

車両保険を付けた自動車保険料を比較してみましょう!

自動車保険の相場を調べてみたことはありますか?

 

 

例えば、
当サイト管理人の家族の愛車フォレスターで、
自動車保険料の相場を比較してみたところ、
下のような結果になりました。

 

 

フォレスター

 

 

最安値の「SBI損保」は、36,770円
最高値「あいおいニッセイ同和損保」、80,780円
(車両保険料込)

 

 

この結果を見れば、
自動車保険料の相場を比較しなければならない理由は
一目瞭然ですよね。

 

 

それでは、フォレスターの自動車保険料を調べた
14社の結果安い順ランキングです。
(一括見積もりに参加していない自動車保険は、個別に調べた結果です)

 

代理店型と通販型の保険料差には、本当にびっくりしました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

スバルフォレスターの自動車保険料比較

 

見積もり日:2018年12月

 

安い順

損保名

形式

任意保険+

車両保険価格

SBI損保 ネットで契約するダイレクト通販型 33,810円
イーデザイン損保 ネットで契約するダイレクト通販型 37,290円
チューリッヒ ネットで契約するダイレクト通販ト型 38,270円
4 アクサダイレクト ネットで契約するダイレクト通販型 39,040円
5 三井ダイレクト ネットで契約するダイレクト通販型 42,700円
6 セコム損保 ネットで契約するダイレクト通販型 45,320円
7 セゾン自動車火災 ネットで契約するダイレクト通販型 49,670円
8 ソニー損保 ネットで契約するダイレクト通販型 51,950円
9 全労済マイカー共済 代理店で契約する対面型 56,990円
10 そんぽ24 ネットで契約するダイレクト通販型 67,340円
11 損保ジャパン日本興亜 代理店で契約する対面型 70,290円
12 東京海上日動 代理店で契約する対面型 70,440円
13 あいおいニッセイ同和損保 代理店で契約する対面型 76,070円
14 三井住友海上 代理店で契約する対面型 81,010円

★基本的比較条件
車種    : フォレスター 初年度登録平成26年6月
年齢    : 70歳男性(個人)
住所    : 愛知県
使用目的  : 日常・レジャー
年間走行距離:3000km
免許の色  : ゴールド
適用範囲  : 家族限定
等級    : 見積もり時12等級
対人・対物賠償:無制限
人身傷害  : 1億円
車両保険  : あり 車両価格約200万円、一般車両

 

※それぞれの保険会社によって、
各項目の金額の算出方法に違いがある場合もあるため、
まったく同じ条件ではない可能性があります。
あくまで見積もりでありますこと、ご了承ください。

 

>> 私の愛車・インプレッサの自動車保険料相場はこちら

 

この表を見てもわかる通り、

 

自動車保険の保険料に相場はない!

 

といっても過言ではありません。

 

 

そして、いかがでしょうか?
この車両保険をつけてもこの値段なら、
自動車保険を見直してみようと思った方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

そんな方におすすめなのが,こちらの自動車保険一括見積もりです。

 

 

まずは、複数の自動車保険会社で
保険料の見積もりをとってみましょう。

 

自動車保険一括見積もり

 

一括見積もりで自動車保険の相場を調べる前に知っておいてほしいこと

 

自動車保険の年齢条件変更を、忘れていませんか?

 

 

 

年齢条件の設定内容によって、保険料はかなり違う。

 

 

ご存知でしたか?
ですから、自動車保険は更新時に毎年、
運転する人の年齢が何歳からに設定されているか、
しっかりと確認しなければいけません。

 

 

「運転する人」とは、自分だけとは限りませんよね。
運転する可能性のある、一緒に住む家族の年齢に合わせて
年齢条件を設定している方も多いと思います。

 

 

年齢条件は、契約者から変更を申し出をしなければ、
決して自動的に変更されることはありません。

 

 

年齢条件を、適切に設定し直しただけで、
月に何千円も安くなる、という方は少なくないようです。

 

 

きちっと補償内容を見直した上で、”相場”を知るということは、
損をしない保険選びにおいて、一番重要なことなのです。

 

 

相場を知って、賢く自動車保険を選ぶことができたら、
浮いたお金で、おいしいものを食べに行けたりします。
お金を使うことはどんなことにも言えることですが、
やはり損をしないためには、少しの手間を惜しまずに、
複数の自動車保険を比較してみることが本当に大切ですね。

 

 

見直しと必要に応じた乗り換え

 

 

たったそれだけで、毎年数万円自由に使えるようになります。

 

 

車両保険が高くてあきらめていた、という方も、

 

 

一括見積もりサイトを利用すれば、現在と同じぐらいの金額で、
車両保険付きの契約ができる保険会社を、見つけることも可能です。

 

 

  • 家族がみんな契約している自動車保険会社だから。
  •  

  • 車を購入したディーラーで勧められて、

    契約したまま、他社で見積もりをとったことがない。

 

そんな理由で、
愛車の保険料の相場を知らない方が多いようです。
このサイトを訪問していただいたことがきっかけで、
読者さんにとって、最適な保険が見つかってくれると、とても嬉しいです。

 

 

そこで、あなたは
一番安い自動車保険会社で契約すればよいのでしょうか?

 

 

どんな世界でもそうですが、
安いものには安い理由、高いものには高い理由があります。
自動車保険の場合も、それは同じです。

 

ダイレクト通販型(ネット自動車保険)が安い理由とは?

 

ダイレクト通販型(ネット自動車保険)の安さが目を引きます。

 

 

それでは、なぜダイレクト通販型(ネット自動車保険)が安いのか?
この安さの秘密、それは簡単に言うと、

 

 

代理店へ支払う手数料が削ることができるから。

 

 

代理店担当者は、契約を取るために外回りをするため、
まずは交通費がかかる。
そして、そもそも担当者の人件費がかかる。
契約を取るために説明をわかりやすく行うための資料印刷代。
それらをひっくるめて、
代理店に対して、ずいぶん手数料を支払うことになります。
こういった、純粋な保険料とは別の手数料が、
代理店型自動車保険での保険料には上乗せされてくるわけです。

 

 

それに対し、通販型では、代理店をおかず、
すべてをウェブ上、インターネットで行うことにより、
手数料を削ることができ、格安にすることが可能になるわけです。

 

知っておきたい!ダイレクト通販型(ネット自動車保険)のデメリットとは?

 

しかし、ダイレクト通販型(ネット自動車保険)が
万能であるわけではありません。
安さがメリットだとすると、
逆にデメリットと感じる部分も存在します。

 

 

代表的なデメリットは、契約手続きから始まり、

 

 

いざ事故に遭った際の保険金請求なども、
自分自身で保険会社と直接交渉しなければならない、という点。

 

 

代理店型自動車保険であれば、契約手続きや事故の際の対応も、
担当者が保険会社との間に入って、対応してくれます。
しかし、通販型自動車保険と契約し事故に遭った場合は、
担当者が事故現場にきてくれる、ということは基本的にありません。

 

 

私見ではありますが、
ダイレクト通販型(ネット自動車保険)を選ぶ場合は、
自動車保険に関してかなりの知識を有する必要があると思います。
”かなりの”とはどの程度なのか。
私も、当サイトを運営するにあたり、
そして、実際に交通事故にあい長い示談交渉を体験したことにより、
一般的以上の保険知識が身に付いたのではないか、
と自負しております。
しかし、それでも、未だ
ダイレクト通販型(ネット自動車保険)で契約する資格は
ないのではないかと思っています。

 

 

ダイレクト通販型(ネット自動車保険)を選んで良い方、それは、
プロ並みの保険知識を有している方。

 

 

”ある程度”の知識ではまだ危険だと思います。
ダイレクト型自動車保険で契約する方にとって、
一番重要なことは、自分で補償選びの決断をすることです。
補償を削れば削るほど、保険料は安くなります。
当然のことです。

 

 

しかし大事なのは、

 

 

本当にその補償を削って良いのか、

 

 

その判断です。
安さを優先して補償を最低限にし契約した結果、
いざという時に必要な補償を受けられない、
という目も当てられない状況が、
今実際に多発しているとの話も聞きます。
ダイレクト通販型(ネット自動車保険)を選ぶ方は、
それらを十分理解した上で、
契約を進めていただきたいと思います。

 

 

また、実際に事故に遭ってみてわかったことですが、
自分の契約している保険会社が、
前面的に自分の味方になってくれるわけではないのです。
まったく、保険会社任せにしておくと、
支払ってくれる保険料や慰謝料は
最低限のものになってしまいますし、
納得できない過失割合を提示された上に、
「こういうものなんですよ」
と、なだめられることになります。
決して、戦ってはくれません。

 

 

その点、自動車保険会社の間に、
プロフェッショナルの代理店担当者の方が入ってくれれば、
自分の意見を反映して戦ってくれることもあるでしょう。
ただし、現在それほどのプロの担当者が、
代理店型の損保に存在するかどうかは、わかりません。
実際に担当者と会って、話をして、
専門的な知識を有し、そして、
契約者のために戦ってくれる逞しさを携えているか、
自分の目と耳で、しっかりと確認する必要があります。

 

 

それでも、なるべく安い自動車保険を選びたいのであれば、

 

 

前もって、自動車保険の補償についてよく研究した上で、
ダイレクト通販型(ネット自動車保険)を選び、

 

 

必ず「弁護士特約」を付帯させる。

 

 

ということが、重要だと考えます。
やはり、事故の際に一番頼りになるのは、弁護士です。
弁護士特約を付けておけば、いざ事故に遭遇にしたときに、
1事故1名につき、最大300万円限度、
弁護士費用を支払ってもらえます。

 

 

弁護士費用特約をつけた場合の保険料は、1000〜2000円程度です。

 

 

イザというときの安心を考えれば、
必ずつけておくべき補償だと言えるのではないでしょうか。

 

 

私は実際に弁護士特約を利用し、しっかりと守ってもらいました。
過失割合も、5:95 から 15:85 に変更してもらい、
慰謝料も適切に増額してもらいました。

 

 

そろそろ更新を考えていらっしゃる方は、
ぜひ、この弁護士特約付帯を検討してみてください。
ここで知っておいていただきたいのは、

 

 

弁護士特約は家族でも使用できる場合が多い。

 

 

ということです。
弁護士特約は、本人の保険に付帯していなくても、
家族の誰かが、このオプションを付けている場合、
それを利用して、弁護士費用を支払ってもらえる場合が多いです。

 

 

ですから、やみくもに弁護士特約を付けるのではなく、
家族のうちの誰かが、
他の家族でも利用できる弁護士特約を付帯していないかどうか、
確認してみてください。

 

その他、私が付帯させる価値が高いと思っている特約をご紹介します。

 

個人賠償責任特約

 

日常の生活の中で、相手にけがをさせたり、
人のものを壊してしまったりと、
他人に損害を与えた場合に補償される特約。
一家族に一契約で、家族全員が対象になります、
火災保険等で同じ契約をしていれば、
加入する必要はありません。

 

代車費用特約

 

車が破損し、代車を利用する場合に補償される特約。
1日定額で補償されるタイプと、
実費で補償されるタイプがあり、
期間も最大30日となっている場合が多い。
ディーラーや修理工場によっては、
代車が無料で借りられることも多いため、
できる範囲で、契約前に確認してみましょう。

 

身の回り品特約

 

車内にあった身の回りのものが壊れた場合、
また、盗難にあった場合に補償される特約。

 

新車特約

 

車が破損し、損害額が新車価格の50%以上になった場合、
新車に買い替えができる特約。
保険期間の条件が付くため、要確認。
高級外車の所有者に向いている。

 

ファミリーバイク特約

 

自分と家族が乗る125cc以下の原付のための保険。
対人・対物を補償。
単独で原付の保険に加入するよりも割安な場合が多い。

 

「自動車保険のファミリーバイク特約とバイク保険の違い」とは?

 

対物超過修理費用特約

 

対物賠償事故で、相手方の修理費がその時価額を超過した場合、
時価額を超える修理費を上限50万円までカバーする特約。
相手との示談交渉をなるべくスムーズに進めるため、
揉めないために役立つ特約。
私の場合は、事故の相手がこの特約を付けてくれていたため、
その費用で車を修理することができました。
この費用が出なければ、もっと示談に時間がかかったと思います。

 

 

自動車保険一括見積もり

 

 

 

スポンサードリンク

 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料