交通事故の被害相談、弁護士と行政書士ではどう違うの?

交通事故の被害相談は、
弁護士行政書士、どちらにするべきなのでしょうか?

 

 

交通事故に遭われた方は、
同感される方が多いかと思いますが、
事故後、必死になって
インターネットでいろいろ調べませんでしたか?
インターネットで「交通事故」と検索してみると、
交通事故のいろいろな情報と一緒に、
たくさんの事務所のサイトが出てきますよね。

 

 

弁護士だけではなく、行政書士の事務所でも、
交通事故の案件を扱っていらっしゃることがわかります。
それでは、弁護士と行政書士。
業務にどのような違いがあるのでしょうか?

 

行政書士

行政書士は、依頼者のために書類を作成する専門家です。
自賠責保険に対する請求書の作成・後遺障害等級認定に対する

異議申立書の作成・損害賠償額の算定・過失割合の調査・示談書の
作成などを業務として行います。

 

しかし、行政書士には、事件について被害者の代理人となって

交渉する権限が認められていないため、


交通事故事件を行政書士に依頼した場合、
保険会社との交渉は、あくまで被害者本人が行うこととなります。

 

また行政書士は、訴訟(裁判)においても被害者の代理人を

務めることができないため、


訴訟を起こさざるを得ないという状況に至った場合には、
被害者本人で訴訟を行うか、

改めて弁護士を探す必要があります。

弁護士

弁護士は書類の作成は当然として、事件の相手方との交渉や

訴訟を依頼者の代理人として行う権限が認められているため、


被害者に代わって保険会社と交渉を行い、
被害者の代理人として訴訟を行うことが可能>です。

 

上記の表の内容から考えると、
書類の作成のみを依頼したいのであれば行政書士に。

 

相手方との交渉の代理などを含めて依頼したいのであれば
弁護士に依頼するというのが、正しい選択といえそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しかし、交通事故の交渉において不満があった場合、
書類の作成ですべてが終わるケースは
ほとんどないといえます。

 

書面の作成から始まって、それをもとに加害者と交渉し、
交渉がうまくいかないときは、調停・訴訟など
法的に可能な方法すべてを尽くすことが
必要になってきます。
行政書士は、民事訴訟について一定の知識はあっても、
法律上、代理人としてこれを行うことはできません。

 

 

専門家への依頼を考える場合は、
交渉において何らかの問題を抱えているわけですが、、
書類の作成のみでは、問題解決には至りません。

 

 

ご自身に相当の法律知識があって、
専門家には、書類作成のみをお願いしたい、という
固い意志をお持ちの方にとっては、
行政書士は強い味方になり得ると思います。
しかし、ご自分が法律に対しては無知で、
専門家の方にしっかり任せたいという場合には、
弁護士に相談されることをお勧めします。

 

 

交通事故で示談交渉を弁護士に依頼することを、
とても敷居が高いことだと思われている方が多いと思います。
でも、私は示談を弁護士に依頼した結果、
実際に慰謝料も適正価格に増額していただき、
精神的にとても楽になれました。
特別なことではありませんし、難しいことでもありません。

 

 

契約している自動車保険に弁護士特約がついているなら、
なるべく早く弁護士と相談されることをおすすめします。

 

>>「148日目。弁護士特約を依頼・使い方。| 交通事故示談交渉体験談」のページへ進む

 

 

今、この時のために、弁護士特約を付けたはずです。

 

 

もし、弁護士特約を付けていなかったとしても、

 

 

現状として弁護士に支払う費用は、
最終的に支払われた慰謝料の中から、
成果報酬として支払われることが多いため、
依頼する時点で経済的に余裕がなくても、
弁護士にお願いすることが可能な場合が多いです。

 

 

弁護士に示談をお任せできれば、
例え相手が無保険のような場合でも、
適正な慰謝料・賠償金を支払うよう、
保険会社に対して、最大限主張してくれます。
ですから、メリットは大きいと思います。

 

 

弁護士特約を付けていなかったから、
弁護士に依頼はできない、とあきらめず、
是非、一度専門家に相談してみてください。
弁護士に依頼した場合と、依頼しなかった場合、

 

 

最終的な慰謝料の価格は、まったく違ってきます。

 

>>交通事故に詳しい弁護士の探しかた

 

 

それでも、いろいろな事情で弁護士にお願いできない方も、
たくさんいらっしゃると思います。
保険会社の都合のいい値段で示談をして騙されないために。
意味の分からない理由で慰謝料を削られないために。
保険会社と対等に示談交渉するために。
被害者の最大の武器となりうる必要な知識を
個人が身に着ける方法をご紹介します。

 

>>弁護士には頼めないけど、慰謝料で損をしたくない!という方へ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>「事故車・水没車の買取相場、廃車手続き前に無料査定。」のページに進む

トップへ戻る