交通事故の腰痛・むちうち・首の痛み、病院・接骨院・整骨院の選び方

交通事故の腰痛・むちうち・首の痛み、病院・接骨院・整骨院の選び方

交通事故のけが。
腰痛むちうち首の痛み・さまざまな後遺障害

 

賢い治療の受け方を解説します。

 

 

交通事故に遭った場合、
どの「医療機関」、「治療院」に
通えばいいのでしょうか?

 

 

交通事故に、まさか自分が遭うなんて思ってもみなかった。
私もそう思いました。
そのため、突然事故に遭い、頭が混乱する中で、
首や肩周り、背中、腰付近が痛くなった場合に、

 

  • とりあえず、知っている病院。
  • 一番家に近い病院。
  • 知り合いに紹介してもらった病院。

 

そんなふうに治療する場所を決定することが多いと思います。
実際、わたしの場合もそうでした。

 

 

総合病院・整形外科・接骨院に整体院。
こんな風に、治療する場所に選択肢があるなんて、
考えもしないで、

 

 

とりあえずで医療機関を決定しまったことで、
生涯後悔をしたり、損をしてしまうことさえあるなんて、
思いもよらないことでした。

 

 

わたしが交通事故でむちうちになった時は、
こういった医療機関に関する知識がなかったため、
とりあえず最寄りの整形外科に通ったのですが、
なかなか症状がよくならず、とても不安な思いをしました。

 

 

スポンサードリンク

 

交通事故に遭った場合の医療機関の選び方

「国家資格所有者」を通院先に選択する

 

まずは、専門的な知識・技術を有する
国家資格所有者」を通院先に選択すると良いです。

 

 

健康保険、労災、自賠責保険、任意保険など
保険の取扱いを認められた治療機関が安心ですよね。

 

国家資格
  • 病院・整形外科:医師免許
  • 接骨院・整骨院:柔道整復師免許
民間資格
  • 整体院:整体師
  • <カイロプラクティック院:カイロプラクティック師

 

病院・整形外科と、接骨院・整骨院の違い

 

それでは、国家資格所有者である、
病院・整形外科と、接骨院・整骨院の選択はどうでしょうか?
まとめました。

 

病院・整形外科
  • 交通事故後の検査・画像診断
  • 薬の処方・経過観察
  • 明らかに骨折、または尋常ではない痛みがある場合
接骨院・整骨院
  • むちうち・怪我の治療
  • 早期回復が目的

 

私個人の経験としては、
病院は検査・診断・お薬の処方など、
最先端の治療からリハビリまで幅広く行ってくれますが、
通院人数が多いため、ひとりあたりの治療時間がとても短く、
じっくり治療してくれる、という感じはしませんでしたね。
私は整形外科に通いましたが、
医師とコミュニケーションをあまりとる機会が無く、
通院しても、毎回電気治療を一定時間受けて終了。
機械的な印象を受けました。

 

 

一方、接骨院・整骨院は、コミュニケーションを取りながら、
一人一人に合った治療をじっくり行うそうですね。
病院と接骨院を併用して同時通院もできるそうなので、
わたしも、通院中にその知識があれば、
整形外科と整骨院を上手に利用したのになぁ、と思います。

 

 

ぜひ、豊富な治療実績を持った安心して通院のできる、
最寄りの治療機関を見つけてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

交通事故でケガをした時、まず最初に、

病院と整骨院はどちらにかかった方が良いのでしょうか?

 

基本的に、事故後すぐに病院・整形外科で診察し、
検査を受けたほうが良いです。
なぜ、病院・整形外科で診察を受けた方が良いのか?

 

 

整骨院では、後遺障害診断書が書けない

 

 

後遺障害診断書は、症状固定時に作成する
最も重要な書類のひとつなのですが、
整骨院のみに通った場合、
痛みが取れずに残ってしまったとしても、
後遺障害の等級認定を受ける手続き自体ができないのです。

 

>>「私の交通事故体験談 | 後遺障害診断書作成依頼。」のページに進む

 

 

ですから、病院では、レントゲンなどの診察をしてもらい、
日々の治療は整骨院で行うのが、
理想的な治療のかたちではないでしょうか?
順序としては下記のとおりです。

 

  1. 病院・整形外科で、診察を受け、診断書を作成してもらう。
  2. 定期的に病院で診断を受けながら、整骨院・接骨院で治療を受ける。

 

ただし、国家資格を有した整骨院・接骨院の中でも、
特に交通事故の様な、
難易度が高く技術力が求められる治療に関しては、
技術や経験、サポート等の部分での
力の差が表れるのが実情だそうです。
治療院は、慎重に選ぶことが必要であり、
治療を始めてから、納得がいかない場合は、
転院することも選択肢として頭にいれておきたいですね。

 

 

弁護士に相談するベストタイミングは
“ケガの治療中です。

 

 

ある法律事務所が調査した結果では、
ケガの治療中から弁護士に相談する方が、
3人に2人以上の割合を占めているのだそうです。

 

治療中からの相談が多い理由は、弁護士に相談するベストタイミングだから。

 

治療中の相談により、
弁護士が後遺障害の等級認定申請に向けた準備や
保険会社との示談交渉等の専門的な手続きを、
サポートすることが可能になり、
適正な金額の賠償金を獲得することができるのです。

 

 

現実に、私の場合も
むち打ちの治療中に示談交渉を弁護士さんにお願いしたことで、
過失割合が15:85→5:95になり、
最終的な慰謝料も20万円以上増額されました。

 

 

>>「私の交通事故体験談。148日目、弁護士特約を依頼。」のページへ進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>「むち打ちと等級認定」のページに進む

トップへ戻る