自動車保険の中断制度

等級が上がっていた場合、解約してしまうのは、もったいない!

自動車保険中断制度、ご存知ですか?

 

 

 

 

新生活が始まる季節。
異動などで、これまでとまったく違う環境で、
頑張っている方が多いのではないでしょうか?
そんな中、“車の維持”の問題。どうなさっていますか?

 

 

事情があってマイカーを一時的に手放す、
あるいは海外転勤が決まって
しばら家族で海外で暮らすことになった、
という方も、いらっしゃるかと思います。
そんなときは、
今まで加入していた自動車保険を解約することになります。
でも、もし長年無事故を続け、等級が上がっていた場合、
解約してしまうのは、もったいないですよね。

 

 

通常、自動車保険に加入する際には6等級から始まり、
原則無事故で保険を利用しなければ1等級先に進み、
事故があって保険を使うと3等級後ろに下がります。

 

 

自動車保険は、20等級に到達するまで、
まったく保険を使わなくても、14年もかかるんです。

 

 

そこで知っておきたいのが、
自動車保険の「中断」という手続きです。

 

 

スポンサードリンク

 

自動車保険の「中断制度」とは?

一定の要件を満たせば、保険の割引率を表す等級を、
原則今までと同じ等級でキープできる制度です。

 

 

車を廃車にしたり、
譲渡および売却して一時的に所有しなくなったら、
申し出をすることで一定の条件のもと、
中断証明書」が発行され、
のちに新たに自動車保険に加入する際、
中断時の等級を引き継いで契約できることになります。

 

 

中断は、基本的に10年間有効。
10年以内であれば、
再び車を所有したときに等級を引き継げます。
ただし、下記のような条件があります。

 

  • 次回適用するノンフリート等級(注)が7等級以上であること。
  •  

  • 中断した契約の満期日または解約日までに

    被保険自動車(ご契約のお車)が
    廃車、譲渡、返還されていること(国内中断)。

  •  

  • 海外渡航の場合には、

    中断した契約の満期日または解約日から
    6ヶ月以内に出国すること(海外中断)。

  •  

  • 発行は、中断日の翌日より

    13ヶ月以内に申し出ること(国内中断、海外中断)。

 

詳細は加入している自動車保険会社に、
問い合わせをしてみてくださいね。
また、保険を復活させる時の保険会社は、
中断時の保険会社である必要はないとのことです。

 

 

とにかく、積み上げてきた等級を無駄にしないためにも、
保険会社が発行する「中断証明書」は、
必ずもらうようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「自動車保険で備える自転車事故」のページに進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料