車両保険に入っておいてよかった!車両保険の必要性

車両保険は、自動車保険に本当に必要か?

 

 

「車両保険」とは、事故に遭ってしまった時、
自分の車を修理するための保険
そして、この車両保険、とても高いですよね。

 

 

車両保険とは、
自分の車を修理するための保険です。

 

 

車両保険をつけると、自動車保険の値段は一気に跳ね上がります。
ですので、車両保険は必要なのか、入るべきか、入らざるべきか、
悩む人は多いと思います。

 

 

全国で車両保険に加入している車両の割合は、
約4割程度だそうです。
それを聞いて、私は驚きました。
でも、それが現実です。

 

 

車両保険は絶対に必要なの?

 

 

こんな風に疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。
少なくとも、私は、
車両保険に入っていてよかったと心底思う体験をしました。
ですから、車両保険は基本的には必要だと感じています。

 

 

私は、数年前に
交通事故に遭いました。

 

 

>>「交通事故体験談。696日の記録」のページはこちら

 

 

どう考えても、自分に非はないと思いました。
こちらからは、避けようのないものでした。

 

 

ところが、
被害者の過失が0%という交通事故は、
本当に稀なのです。

 

 

免許を持ち、車を運転するすべての人に発生する自己責任。
すべてのドライバーには、
「安全運転注意義務」
が課せられている為、

 

 

いくら相手の責任が大きい場合でも、
被害者側にも過失があるということになります。

 

 

停車している車両への追突、
センターラインを越えての事故、
相手の赤信号無視、・・・

 

 

これら以外は、被害者であっても
必ず過失割合が発生してしまうのです。

 

 

過失割合は、状況と判例を基に、示談により、
保険会社・当事者間の同意のもと、決定されてしまいます。

 

 

過失割合が発生するとは、どういうことなのか。

 

 

自分の車の修理に100万円かかるとします。

 

 

過失割合が5対5の場合、
相手に請求できる修理費は50万円。
自分で支払わなければいけない修理費も50万円。
そこで、車両保険に入っていれば、
自払い分の50万円をまかなえる可能性が高いということです。

 

 

 

 

特に、運転免許を取り立ての方運転に慣れていない方は、
当然リスクが高いわけですから、車両保険が必要です。
車両保険加入を前向きに検討するべきです。

 

 

また、ローンやリースを利用している方にも、
車両保険に加入することをおすすめします。
ローンを組んで新車を購入するということは、
手元に貯金があまり無いという方も多いでしょう。
この場合も、車両保険は必要です。

 

 

もし交通事故に遭った場合、
自分の車の修理代を出すのが難しい方もいらしゃるでしょう。
ローン残が残ったうえでの全損になる、ということも
絶対にないとは言えないのです。

 

 

車を失ったうえに、その車のローンの支払いは継続しなければならず、
そして、きっと新しい車の購入も考えなければいけないでしょう。
「悲惨」というほかありません。

 

 

保険会社に勤める知人の話によると、
全損になってしまった被害者の方がいたのですが、
車のローンの残債が車両保険で完済できた、ということです。
ローンで支払い中の車を運転されている方は、
車両保険は必要だと言えるでしょう。
より強く、加入をおすすめしたいですね。

 

>>「車両保険とは?車両保険の種類・4通りの付帯方法」のページに進む

 

 

スポンサードリンク

 

 

車両保険に加入する必要がないのはこんな人

 

ある程度貯蓄がある人

 

 

どういうことかというと、車両保険とは、結局のところ、
自分の車の修理代を出してもらうための補償。

 

 

では、車の修理費はどのくらい必要なのか。
例えば、板金塗装で済む程度の修理なら数十万円。
廃車になってしまうほどの場合は、100万を超えたり、
新車を購入する必要に迫られたりもするでしょう。

 

 

しかし、人身事故の賠償金額が、
数億円になる可能性もあることと比べると、
この数十万円から数百万という数字であれば、
貯蓄で賄える、と感じる方もいらしゃるかもしれません。

 

 

というわけで、
車の修理また新車購入のために、さっと数百万円出せない方は、
車両保険の加入が必要だと考えられます。

 

車両保険は示談をよりスムーズにしてくれる

 

前項でも触れたとおり、相手のある事故を起こすと、
加害者側・被害者側の間に、「過失割合」が割り出されます。

 

 

これは、判例タイムズ社が出版している
「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という冊子を元に、
保険会社の査定担当者が相手と交渉をして決定します。

 

 

しかし、当然のことではありますが、
加害者と被害者では言い分が異なることが多く、
保険会社に決定された過失割合に不満を感じ、
揉めることが多いのが、現実です。

 

 

実際、私の場合も、当初過失割合が15:85だと伝えられ、
大変不満に感じました。

 

 

しかし、もし、車両保険に加入していたらどうでしょう。

 

 

過失割合に関係なく、とりあえず自分の車は、
自分の車両保険で修理できることになります。

 

 

結局大事なのは、特に物損の場合、
車の修理代をいくら出してもらえるのか。
これが事故後の最優先事項としてとても重要なことですから、
示談交渉を泥沼化させず、なるべくスムーズに進めるためにも、
できる限り車両保険には入っておくことをおすすめします。

 

 

車両保険のデメリット

  • 価格が高い

 

車両保険のメリット

  • たとえ、相手と過失割合でもめても、先に保険で車を修理してもらえる。
  •  

  • 事故の相手や状況に左右されず、

    自分の生活と車をいち早く原状復帰することができる。

 

 

それじゃ、車両保険に入っておこうかな。
でも、やっぱり、高すぎるなぁ〜。

 

 

そう感じている方におすすめしたいサービスがあります。
こちらの自動車保険一括見積もりサービスです。

 

 

>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

こちらのサービスを利用すると、
複数の損保の見積もりを一度に取れてしまいます。

 

あなたの車の保険料を保険会社別に比較することができるのです。

 

わたしの場合は、この一括見積もりを試してみたところ、

 

保険料がほぼ半額になりました^^

 

これなら車両保険を付けても、家計の負担になりません。
もし、あなたが自動車保険の金額を
他社と比べたことがないのであれば、ぜひ、利用してみてください。

 

 

年齢によっても、価格がまったく変わってきますので、
自動車保険料は、できれば毎年見積もりを取り、
契約する損保を選び直すことをおすすめします。

 

雪の多い地域のドライバーさんの車両保険選び

 

「他車との事故で
損害を受けた場合のみを補償するタイプ」

を契約している場合は、
自然災害による損害で自動車保険を使うことはできないので、
特に雪の多い地域にお住いのドライバーさんは、
車両保険選びにはきをつけてほしい点です。

 

 

大雪による事故や損害に備えるという点で、
JAFに加入するという選択もあります。
詳細はこちら。

 

>>「スリップ・落輪・スタック救援・タイヤチェーン脱着は、JAFへ!」のページに進む

トップへ戻る