中古の軽自動車に車両保険は必要でしょうか?

中古車の軽自動車に車両保険は付けるべきでしょうか?

中古の軽自動車、車両保険は必要?

 

 

それでは、中古の軽自動車を購入した場合、
車両保険の必要性はどうでしょうか?

 

 

軽の中古車といっても、
新車に近いものもあれば、相当古いものなど、
その車両価格は、さまざまだと思います。
この車両価格が、車両保険の保険金額の元になるわけですから、
中古の軽の場合は、車両金額がいくらかによって、
車両保険をどうするのかを考えなければなりません。

 

 

購入価格が100万円以上等、新車とあまり違わない場合は、
車両保険は新車と同じように、
できるだけ付帯させることを、おすすめしたいところです。
車両価格を自分の経済力ではカバーできない場合は、
車両保険でカバー出来た方が安心ですよね。

 

 

しかし、悩むのは、
車両価格が50万円前後くらいの場合。

 

 

軽自動車のオーナーの経済状況と照らし合わせて、
車両保険の必要・不必要を考えることになります。

 

 

50万円の損害なら貯金で何とか支払えるというのであれば、
車両保険を付けないという選択肢もあるでしょう。
しかし、そうでない場合は、万が一に備えて
車両保険を付けておくべきだということになります。
ご自身の経済状況をよく見直し、値段を良く比較して、
安全安心なクルマライフを!

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「安いバイク保険は? | オートバイの車両保険の必要性」のページに進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料