ローンが残っているのに、車両保険なしで全損になってしまったら?

車両保険を付けていない車で事故に遭い、
ローンだけが残る、という悪夢のような事例。

 

 

ローンを支払中に全損事故を起こしてしまったら、
一体どうすればよいのでしょうか?

 

 

車をローンを組んで購入し、支払い途中で、
自分の過失により交通事故を起こし、車をダメにしてしまった時、

 

車両保険に入っていれば、保険金が出ます。

 

その保険金でローン残を支払うことが可能になりますが、
車両保険に入っていなければ、
自腹でローンの残金を全額用意するか、

 

車が動かなくなった後も、ローンの支払いを続けなくてはなりません。

 

 

そして、困ったことに、ローンの支払いが終わっていないと、
所有権解除ができないため、廃車(登録抹消)手続きができないのです。

 

 

廃車手続きができないとなぜ困るか。

 

 

それは、廃車ができなければ、
自動車税がかかる、ということ。

 

 

もう乗ることができない車のために、
税金を払い続けなければならないのです。
悪夢です。

 

 

しかし、「自動車税抹消」という手続きをすれば、
自動車税は支払わなくても済むようになります。
自動車税の差し止めという形であれば、
ローン完済前でも行うことができるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

廃車にしたい自動車の所有権は誰になっていますか?

 

車検証の「所有者の氏名又は名称」
という欄を確認してみましょう。

 

 

ローンで車を購入している場合、
所有者がご自身ではなく、ローン会社(信販会社)や
カーディーラーの名義になっていることが多いです。

 

この場合は、ご自身の判断で廃車手続きを進めることはできません。

 

車の所有者となっているローン会社(信販会社)やカーディーラーに、
所有権の解除をしてもらう必要があるため、
まずは事情を説明して、相談をしてみましょう。
一般的には、下記のような対応になります。

 

  • 残りのローンを一括で返済
  • ローンの組み直し
  • とにかく事情を説明し特例扱いにしてもらう(稀な例です)

 

所有権の解除が行われたのちは、

 

 

廃車処分をするのではなく、
ぜひ査定をしてみてください。

 

 

今は事故車も売れるってご存知ですか?

 

  • 「処分には費用がかかる」または、

    「0円」と言われたけど、本当なの?

  •  

  • 車両保険に未加入だった。

    買い取り先はどうしたらいいの?

  •  

  • 修理するよりもこの際買い換えたい。

    廃車にするしかないの?

 

 

交通事故で、車のローンだけが残る悲劇を救う車両保険。

 

車両保険は、
交通事故で、車のローンだけが残るという悲劇を
救ってくれるんです。

 

 

新しい車を購入して3年、

 

ローン支払い中に交通事故に遭い、

 

全損になってしまった友人の話です。

 

 

免許取りたてで、初めての自動車購入。
保険に関しては全くの無知でした。
損保会社の営業マンの説明は理解できても、
実際事故に遭った時に、
それらの保険がどのように役立つのか、
想像もつかないような状態でした。

 

 

友人の事故は、全身打撲で約1カ月の入院、
車は修理不可能。。。

 

 

当時は、アルバイトでなんとか生活をしていた為、
保証はありません。
病院の治療費や、新しい車の購入費など、
突然降りかかってきたイレギュラーな出費の数々。
経済的に行き詰ってしまいました。

 

 

そんなある日、損保会社の営業マンが
お見舞いに来てくれました。

 

 

「車両保険、入っておいて良かったね」

 

 

友人の場合は全損だったため、全額補償される、とのこと。

 

 

自動車保険の契約時、
友人は、保険料がもう少し安くならないのか、
車両保険を付けないという選択はないだろうかと
営業マンに尋ねたことを思い出しました。

 

その時営業マンは、
車両保険はつけておくべきだ、と譲りませんでした。

 

 

保険内容については、丁寧に教えてくれましたが、
友人は、事故とは無縁と思っていたため、
保険料を釣り上げる口実ではないかと、
少し不信感さえ覚えていました。
しかし何度言っても営業マンもゆずらず、
すこし渋りながら、契約したのだそうです。

 

 

そして約3年後、
友人は事故に遭ったのです。

 

 

あの時に契約を渋った車両保険が、
生活を救ってくれることになりました。
もちろん、病院の治療費や、もろもろ諸費用も、
しっかり保険金で賄うことができました。

 

 

今は、車両保険をはずすことを最後まで渋ってくれた、
営業マンに、心から感謝しているのだそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「交通事故の原因解明の手段おすすめ「ドライブレコーダー」」のページに進む

トップへ戻る