車両保険が支払われない例

せっかく付けていても、車両保険が支払われないことがあります。

 

車両保険が支払われない例は?

 

  • 契約者や被保険者などが無免許運転や

    酒酔い運転などで起こした損害

  •  

  • タイヤがパンクした場合や電気的・機械的な故障
  •  

  • 契約者の故意による損害
  •  

  • 麻薬服用中の運転時に事故を起こした損害
  •  

  • 地震、噴火、津波による損害
  •  

  • 被保険自動車に存在する欠陥、摩滅、腐食、

    サビなど自然消耗の損害

  •  

  • 違法改造した部分に生じた損害

 

上記が主な例です。

 

 

盗難事故の場合でも、
車にもともと装備されているようなラジオ、テレビ、クーラー、
時計といったものは、盗難事故と認定されることもありますが、
車の装飾品や燃料、ボディカバー、
洗車用品などは対象になりません。

 

 

たとえば車が動かなくなった場合
故障と事故とは区別しなければなりません。
エンジントラブルや、クルマの欠陥、腐食、部品の消耗などは、
車両保険ではカバーされないのです。

 

 

わかりづらいのがタイヤのトラブル
車両保険では、基本的に
タイヤだけに生じた損害はカバーされません。
事故や盗難が起こって、
その車の他の部分と同時にタイヤも損害を受けた場合は
支払いの対象になりますが、
パンクやパンクと見分けがつかないいたずら等の場合は、
車両保険金はおりません。

 

 

車両保険の適用範囲は、
保険会社(損保)によって多少違いますので、
事前に確認しておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「必ず負担が発生するわけではない、車両保険の免責設定」のページに進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料