交通事故の原因解明の手段おすすめ「ドライブレコーダー」比較

ドライブレコーダーは、

 

交通事故の原因解明の手段になります!

 

 

 

ちなみに、この写真は、私の愛車インプレッサワゴンの車内。
先日、ディーラーにて、
アイサイト車対応のスバル純正ドラレコを設置してもらいました。
外から見るとこんな感じ。

 

 

バックミラーに重なって見えるので、
ドラレコを特に付けている!という存在感はありません。
コンパクトです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドライブレコーダーの強み

 

映像や音声を自動的に記録する車載装置のこと。
これを装着するメリットは、何といっても
事故の際の原因解明の手段となることですね。

 

 

例えば、どんなに充実した補償の自動車保険に加入していても、
正確な事故状況を伝えることができなければ、
不当な過失割合が算出される可能性があります。
事故の相手が本当のことを言ってくれるとは限りませんし、
基本的には自分を守りたいわけですから、
都合の悪い証言はしてくれません。
でも、そんなリスクを
ドライブレコーダーによって回避できるのですから、
これは本当に強い味方だと思います。

 

 

信号無視で突っ込んできた自転車と危うく衝突

 

こういう経験をされた方って、少なくないんじゃないでしょうか?
自転車って、本当に無謀な運転の人が多いですからね。
そして、自転車相手に事故を起こしてしまった場合、
目撃者がいない場合は、
自動車が悪い前提で話が進んで行くのが通常です。

 

 

相手が自転車だと、
相手が信号無視でもこちらの方が悪い事になってしまいます。
でも、ドライブレコーダーがもし自分の車についていれば、
相手が一方的に悪いということが、立証されます。
ドライブレコーダーは、自分の身を守ってくれる、
まさしくお守りですね。

 

 

ちなみに、冒頭でご紹介した、私の車のドライブレコーダー。
録画された動画をPCで確認するとこんな画像になります。

 

 

他のドライブレコーダーと比べた事がないのですが、
前の車のナンバープレートもしっかり見えますし、
(ここでは隠させていただいています。)
画質的に不満はありません。
エンジンに連動して自動で録画開始・停止します。

 

 

ドライブレコーダーが私の事故の時も付いていたら、
もう少し交渉が簡単に済んだのではないかと思いますね。

 

 

このドライブレコーダーは、【SAA3060300】という商品番号で、
慶洋エンジニアリングという会社が、
スバル特約店販売用として製造しているものです。

 

そして、【SAA3060300】と同じデザインで、市販用となるのが、【AN-R011】。

 

しかし、レビューを読んでみると賛否両論なんですよね。
小さくて画像もきれいで満足だという方と、
動画の記録状態に不満をもっているという方が、
どちらもいらっしゃるようです。

 

 

今、人気のあるドライブレコーダーに求められているのは、
下記のような条件です。

 

  • 日本製
  • バックカメラ付き
  • 任意で前後の録画保護が可能
  • 常時録画
  • 画質が良い

 

なかなかすべての条件をを網羅した機種を見つけるのは、
大変なのですが、せっかくなので、
今、実際にどんなドライブレコーダーが人気なのか、
また、選ぶ際に注意するべきポイントを調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドライブレコーダーの選び方と設置

 

ドライブレコーダーの選ぶ時に注目するべきポイントは、主に下記8点。

 

最大撮影解像度 撮影の密度を示す。縦×横のドット数で示し数が大きいほど高精細。
画角 画角が大きいほど、広い範囲が映る。
画質 証拠能力が格段に高いのは「FULL HD」対応機種
HDR機能 トンネル内や出口、夜間での撮影で自動で画像補正がかかる。
Gセンサー G(加速度)センサー搭載モデルの場合、衝撃を感知した時、上書きされないようにその映像を保護。
GPS受信 事故時の場所特定以外にも、時間・走行速度なども残すことができ、証拠能力が高い。
フレームレート 数値が大きいほどなめらかな映像になる。
LED信号撮影対応 LED信号の高速点滅という特徴をカバーし、信号の色が映らない弱点を防ぐ機能。

 

 

>> 現在のアマゾンドライブレコーダー売れ筋ランキングはこちら

 

 

最近では、
1万円以下の格安ドライブレコーダーであっても、
フルHD対応機種が増え、
スマートフォンを活用することができる無料アプリも登場。

 

 

「高画質」以上の付加価値として、
「駐車監視機能」や「運転支援機能」などメーカーは競っています。

 

 

あおり運転に関連した事故報道の後には、
「後方カメラ」「360度カメラ」の注目度が急上昇しているようです。

 

 

今後ドライブレコーダーは、
個人にもどんどん普及していくんでしょうね。
これはとてもいいことだと思います。
事故の時に、無駄なぶつかり合いをしなくてもよくなります。

 

 

動画で証拠が残っている

 

 

これほど信用できる事実はありませんからね。

アイサイト対応【SAA3060300】の不具合

実は、私の愛車・インプレッサワゴンに、ディーラーで付けて頂いた、
【SAA3060300】というドライブレコーダー。
どうも、具合がよくありません。

 

 

調子が良いときは、エンジン起動と同時に,

 

「micro SDカードを認識しました」

 

「常時録画を開始します」

 

とのアナウンスと共に、ランプが点灯します。

 

 

ところが、この【SAA3060300】。
数回に一度、エンジン起動時に
ドライブレコーダーが起動しないことがあるのです。
アナウンスも無く、ランプも点灯しません。
その際のファイルを、micro SDカードを取り出して確認しましたが、
やはり録画されていませんでした。

 

 

一回目のエンジン起動時にmicro SDカードを認識しなくても、
再度エンジンをかけ直すと、認識することが多いです。

 

 

しかし、機嫌が悪いと、
10回エンジンをかけ直しても、ドライブレコーダーが
うんともすんとも言わないことがあります。
そんなことが今までに3度ほどありました。

 

 

そんな時はあきらめて、ドライブレコーダーが起動しないまま、
車を走らせるわけですが、本当に気分が悪いです。

 

 

安くないお金を支払って、純正のドラレコを取り付けてもらったのに、
起動するときとしない時があるなんて、
本当に納得がいきません。

 

 

ところが、これが不思議なもので、
ディーラーに車を預けて接続や設定を調べてもらうと、
何の問題もない、というのです。

 

 

そこで、【SAA3060300】の取扱い説明書を熟読してみると、
こんな記載がありました。

 

安定してお使いいただくため、1か月に2回程度は、
micro SDカードをフォーマットしていただくことをお勧めします。

 

 

もしかすると、【SAA3060300】本体と接続に問題がないのだから、
単純にmicro SDカードの相性が悪いのではないか。
そう考え、カードを新品と交換してみました。

 

 

しばらくは調子が良かったのですが、
数日経つと、また同じ症状が出始めました。
エンジンをかけても、

 

「micro SDカードを認識しました」

 

このアナウンスが聞こえません。
もちろん、ランプも点灯せず。

 

 

それなのに、翌日は、何事もなかったかのように、
正常に起動したりするのです。

 

 

もうわけがわからないので、
思い切って、【SAA3060300】を製造する、
株式会社慶洋エンジニアリングさんに
問い合わせてみることにしました。

 

 

2014年12月3日にメールで問い合わせましたが、
自動返信メールがあったのみで、
10日ほど経っても、返信がありません。

 

 

真剣に読んでもらえてないのだろうか。
それなら証拠になるようなものを送ってみたらどうか、と思い立ち、
エンジン起動時にドライブレコーダーが作動しなかった時の、
動画を録画して送ってみることにしました。
「宅ふぁいる便」というファイル転送サービスを利用しました。
それが、12月12日です。
動画送信後、
相手がファイルをダウンロードした旨のお知らせが来ましたので、
間違いなく動画は見ていただいたようです。

 

 

しかし、12月16日現在、未だ何の返事もありません。
ドライブレコーダー設置を依頼した
ディーラーと担当者の名前もお知らせしているので、
そちらで何らかのやりとりがあるのかどうか。
まったく状況がわかりません。
この対応はどうなのでしょうか。

 

 

我が家は父を筆頭に、大のスバルファンです。
ですから、なんの迷いもなく
スバル純正のドラレコを設置してもらいました。
しかし、設置後の不具合に対してのこの対応は、
さすがに不満を感じています。
今後どのような連絡があるのか、もしくは無いのか。

 

 

何か動きがあったら、ここで報告します。

 

 

大好きなスバルに幻滅したくはありませんので、
スバル純正のドラレコを製造する慶洋エンジニアリングには、
ぜひ納得のできる説明をしていただけることを切望します。

 

 

<追伸>2014年12月29日現在。

 

慶洋エンジニアリングからは、何の音沙汰もありません。
返事をしてくれないまま、年内の営業は終了してしまったのでしょうか?
今回は、ドライブレコーダーの不具合ですから、
それによって、命の危険に晒されることはありませんが、
これがブレーキだったらどうでしょう。
製品を作って売る、という責任というのは、
いつも、車のブレーキを扱っているのと同じぐらいの気持ちで、
対応していただきたいものです。
こういう、1消費者の小さな声を聞きの逃したばっかりに、
後々大きな問題に発展していくということは、
意外と多いのではないでしょうか?

 

 

年が明けたら、もう一度ディーラーの方に問い合わせてみます。
ぜひ、しっかりと耳を傾けてほしいものです。

 

 

<追伸>2015年1月21日現在。

 

このたび、車検があり車をディーラーにあずけました。
その際、ディーラーの担当者にも、
ドライブレコーダーが作動しなかった際の動画を渡しました。
製造会社慶洋エンジニアリングとのメールのやりとりも報告。
そして、一切返事がこないことも伝えました。

 

 

車検が終了。
動画とメールのやりとりを確認した担当者は、
さすがに事の重要さを認識してくれたようです。

 

 

製造会社慶洋エンジニアリングと、
ドライブレコーダーの交換について、話し合いを始めたとのこと。
やっと、気持ちが届いたかな、というところです。
しかし、すぐに交換とはいかないようですね。
また進捗があったら、こちらで報告します。

 

 

<追伸>2015年2月20日。

 

だいぶ時間がかかりましたが、本日、無事にディーラーにて、
新品のドライブレコーダーに交換していただきました。
しばらくは、気を付けてしっかり作動しているか、
毎日確認していきたいと思います。

 

 

結局不良品だったということになるのでしょうか。
どちらにしても、最終的にはディーラーに間に入ってもらって、
無事に新品交換までたどり着けたので、
スバルに対する信頼が失墜する事態には至りませんでした。
正直、当方がほっとしたというのが本心です。
大好きなスバルの車。
こんなことで、スバルという会社を嫌いになるような事態は
避けたかったからです。

 

 

そして、こういった不良品を手にしてしまった場合、
一番大事なことは、きちんと証拠を残すこと。
今は、スマートフォンやデジカメなどで簡単に動画が撮れます。
おかしいな、と少しでも思ったら、とりあえず撮影しておく。
そして、それが何度も続いた場合は、
その動画をまとめて、しかるべき会社、人に見てもらう。
そうすれば、それなりの対応をしてもらえると思います。
気のせいかな、と思いながら、だましだまし使うことは、
精神衛生的によくありませんからね。

 

 

ひとまず、この度は、スバルのディーラー担当の方に、
がんばっていただきました。
これからも信頼してますよ!
ありがとうございました。
そして、末永く宜しくお願いします^^

 

 

スポンサードリンク
トップへ戻る