大雪で受けた損害、自動車保険は適用されるのか?

自動車保険大雪による損害で修理費は出るのでしょうか?

 

 

 

 

2013年冬、
数年に一度のレベルの猛烈な寒波が北陸・東北地方を襲い、
大雪や猛吹雪といった大荒れの天気をもたらしています。
青森県では、5メートルを超える積雪となったところも
あるらしいですね。
本当に大変だと思います。

 

 

私は、比較的温暖な地域に済んでいるので、
スタットレスタイヤを使ったこともありませんし、
もちろん、タイヤチェーンの使い方なんて
まったく知りません。。。

 

 

ですが、

 

大雪によって車が損害を受けた場合、
自動車保険は適用されるのか?

 

という疑問をもちました。

 

 

スポンサードリンク

 

スリップによる単独事故

 

大雪になると、路面の凍結など
走行条件の悪化が原因の事故も増えますよね。
テレビのニュースでもよく見ますが、
スリップして単独事故を起こしてしまうケース
多いと思います。

 

 

その場合は、
契約している車両保険が「一般タイプ」であれば、
車両保険を使って車を修理することは可能。

 

 

しかし「エコノミータイプ」だと、
原因はスリップでも、
車の運転で起こした単独事故は補償の範囲外
なってしまいます。

 

積雪の重みでボンネットがへこんでしまった!

 

大雪が降ると、積雪の重みで
車の屋根やボンネットがへこんでしまう
ことがありますよね。
そんなとき、自動車保険・車両保険に加入していれば、
ほとんどの場合、問題なく保険金は支払われます。

 

 

大雪などの自然災害が原因で発生する
車の修理代は、
車両保険を使って支払うことができるのです。

 

 

しかし、
「他車との事故で
損害を受けた場合のみを補償するタイプ」

の車両保険を契約している場合は、
自然災害による損害で自動車保険を使うことはできないので、
特に雪の多い地域にお住いのドライバーさんは、
車両保険選びにはきをつけてほしい点ですね。

 

 

 

 

>>「スリップ・落輪・スタック救援・タイヤチェーン脱着は、JAFへ!」のページに進む

トップへ戻る