7日目。車の修理代について。

自分側の保険会社から、
修理代について電話がありました。

 

修理代の見積もりが、補償できる金額を超えてしまうため、

修理工場(この場合、保険代理店を兼ねているディーラー)と
相談してください。

 

私の乗っていた車の時価が50万円ほどでした。
そして、修理代が50万円以上かかりそうだということです。

 

 

これはどういうことなのか。
何も知らなかった私は、「時価」について調べました。
そして、下記のように理解しました。

 

 

自動車が破損した場合、

 

修理が可能であれば、その修理費の実費が損害と認められる。
修理費が交通事故直前の自動車の時価以上にかかる場合には、
損害として請求できる額は、その時価を限度とする。

 

自動車が全損した場合、

あるいは修理が技術的に不可能な場合、


交通事故時の自動車の時価が損害額となる。
買換費については、交通事故直前の自動車の時価を基準とするので、
損害保険会社との間で時価をめぐって争い、裁判になることもある。

 

 

 

 

今回の場合、修理が可能なようですが、
私の車の時価は、50万円。
そして修理代は50万円以上かかる。
損害として請求できる額は、その時価を限度とするわけですから、
時価の50万円を超えた修理代は自払いになる、
ということでしょうか。。。

 

廃車にするしか方法がない場合、必ず試してみるべきことは?

 

私の場合、最終的には運よく廃車にすることなく、
保険を使って修理してもらうことができました。

 

 

しかし、もしあなたがお金を支払って
廃車にしようとしている愛車があるなら、
高額で買取ってもらえる可能性があるのをご存知でしょうか?

 

 

『事故をしてしまって、修理をするにもお金がかかる、
廃車にするにもお金がかかる・・・。』

 

 

そんな悩みを持っている方には
是非利用していただきたいサービスがあります。

 

 

事故車も、水没車も売れる時代です。

 

 

廃車の前に査定してみてください。
動かなくなってしまった愛車、
事故車だからとあきらめないで査定してみましょう!

 

>>「事故車・水没車の買取相場、廃車手続き前に無料査定。」のページに進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>「30日目。同意書等、相手側保険会社に返送。」のページへ進む

トップへ戻る