頸椎のMRI検査

111日目。頸椎のMRI検査。

CT検査の時と同じ総合病院へ。
一度来たことがありますから、前回ほど緊張はありません。
検査を受ける前に、説明書を渡され、
しばらくした後、看護師さんから直接説明がありました。

 

 

MRI検査では、必要に応じて薬剤を使用し、
まれに、気分が悪くなったり、発疹・かゆみがあらわれる等、
副作用があるということ。
そう言われると、やはりちょっと緊張しますね。

 

 

ヘアピンや、ベルト等の金属類は外す。
化粧、特にマスカラはできるだけ避ける、とのこと。

 

 

そして、「同意書」というものにサインをしました。

 

CT検査写真

 

検査着に着替えて順番を待ちます。
CT検査の時と比べると、かなり待ち時間がありました。
1時間ほど待って、やっと自分の名前を呼ばれました。

 

CT検査写真

 

かなり大きな音がする、ということで耳栓をしました。

 

 

そして、検査開始。

 

 

20分〜30分くらい。
MRI検査は体力を消耗する、と聞いていましたが、
たしかに、検査終了後、少しぼーっとします。

 

 

あまり、思い出したくないことなのですが、
MRI検査後、帰宅する際、
病院の立体駐車場から車を出すときに、
ガリガリと車の側面をけずってしまいました。。。
それも、その時乗っていたのはなんと、代車です。
なんてことでしょう。。。
すぐに、保険会社の代理店でもあるディーラーに、
電話しました。
動かなくなったわけではないので、
そのまま帰宅しましたが、
やはり、MRI検査は、身体にこたえたのかもしれません。
いままで、私は一度も
車を傷つけたことはありませんでしたから。

 

 

今後、MRI検査を受けられる予定のある方は、
ご家族に送り迎えしてもらうか、
公共機関の乗り物に乗って、
お出かけになった方がいいかもしれませんね。

 

帰宅中、少し気分が悪くなりましたが、
病院に行くほどのことではなかったので、
その日は早めにやすみました。

 

MRI検査とは?

MRI検査とは、
磁気と電磁波、それに水素原子の動きを利用して、
体の断面を撮影する検査
で、
磁気共鳴画像検査ともいいます。

 

水素には、時期に反応する性質があるため、
磁場をつくる装置の中で体に電磁波を当てると、
体内の水素が反応して信号を発します。
その信号を捕らえて、コンピューターで解析して画像にします。

 

CT検査では、体を輪切りにした横断面が主体ですが、
MRI検査では、縦、横、斜め、あらゆる方向から撮影することができます。
X線を使わないので、放射線による被爆の心配もありません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

MRI検査の費用はいくら?

 

今回、私は交通事故での検査で、
健康保険を利用していませんので、
MRI検査時に、自分で支払う必要はありませんでした。

 

しかし、このMRI検査。
普通に受けたら、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?
調べてみました。

 

あるクリニックの場合。

 

検査内容 診療総額 負担割合1割 負担割合3割
単純MRI検査 約26,000円 約2,600円 約7,800円
造影MRI検査 35,000円〜42,000円 3,500円〜4,200円 10,500円〜12,600円
(単純)心臓MRI検査 約30,000円 約3,000円 約9,000円
(造影)心臓MRI検査 35,000円〜47,000円 3,500円〜4,700円 10,500円〜14,100円

 

 

MRI検査には、単純検査(造影剤を使用しない検査)と
造影検査(造影剤を使用する検査)があります。

 

造影検査は、単純検査だけでは判断しにくい場合に、
検査の精度を高めるために、
造影剤という薬剤を使用して行う検査です。
この造影剤は、注射又は飲むことで体内に取り込みます。

 

私の場合は、単純検査でした。

 

 

交通事故でけがをした場合、
最初に選ぶ治療院はとても重要です。

 

>>「交通事故の腰痛・むちうち・首の痛み、病院の選び方」のページへ進む

 

 

示談交渉は、弁護士に相談することで、
慰謝料増額につながり、精神的に救われます。

 

弁護士特約を使えば、最大300万円まで保険で支払ってもらえます。

 

>>「私の交通事故体験談。148日目、弁護士特約を依頼。」のページへ進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>「118日目。MRI検査の結果。」のページへ進む


 
トップページへもどる 交通事故体験談TOP 弁護士特約体験談 交通事故の慰謝料