97日目。相手側保険会社から、MRI検査をすすめられる。

首・肩のイタミがひかず、吐き気もあり、
気持ちが落ち込む日が続きます。

 

体ぜんたいがだるく、気分が落ち込んで、
体が思うように動きません。

 

 

事故から3か月あまり経ちますが、

 

 

体調が思わしくないせいか、集中力が続きません。
週に2度ほど、買い物に出かけなくてはいけないのですが、

 

 

車を運転することに、
とてもストレスを感じます。

 

 

とにかく、恐い。

 

 

運転しているときも、また歩道を歩く時でさえ、
不意にどこかから車が突っ込んでくるような恐怖感を感じます。
ただまっすぐ走っていても、
ブレーキが効かなくなるような不安に駆られたり、
赤信号で止まっているときも、
後ろの車がぶつかってくるような錯覚に陥ります。

 

 

とにかく、病院に通うことで、
「出来ることをやっている」
と、自分を落ち着かせている感じ。

 

 

ある日、病院の看護師さんに、

交通事故のこういうイタミは、

どのくらいで治るものなのでしょうか?


と尋ねてみました。
すると、

一生ですね。

ちょっと呆然。。。

 

 

あまりにも、改善する様子がみられないため、
相手側の保険会社担当者の方に、こう伝えました。

もし、適当な病院や治療院を知っていたら、教えてください。

 

 

すると、担当者はこう答えました。

治療を初めて1か月以上たつと、

状態の経過が把握しづらいから、
転院はしない方がいい。
神経症状のわかる「MRI検査」を受けてみたらどうか。

 

 

「把握しづらい」というのは、誰の都合なのでしょう。
私の体調が改善することを一番に考えた
回答ではない気がします。
でも、それ以上何も言えませんでした。

 

 

その日、通院時に、総合病院での「MRI検査」の予約をしてもらい、
紹介状を頂きました。

 

 

交通事故でけがをした場合、
最初に選ぶ治療院はとても重要です。

 

>>「交通事故の腰痛・むちうち・首の痛み、病院の選び方」のページへ進む

 

 

示談交渉は、弁護士に相談することで、
慰謝料増額につながり、精神的に救われます。

 

弁護士特約を使えば、最大300万円まで保険で支払ってもらえます。

 

>>「私の交通事故体験談。148日目、弁護士特約を依頼。」のページへ進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>「111日目。頸椎のMRI検査。」のページへ進む

トップへ戻る