新車の傷、車両保険を利用して助けられた

自動車の維持費用の中でも保険は非常に大きな負担です。

 

 

任意保険では車両保険を追加するのか、
割り切って設定しないのかで大きく悩むものですが、
だいたいのユーザーが新車の購入においては、
車両保険をセットにすることが多いようです。

 

 

実際には事故やトラブルが無く、
車両保険を利用することは無いというユーザーも多いわけですが、
追加しておいて助けられたという場合も多々あります。

 

 

自分自身も新車で購入した軽自動車が、
2日目にいたずらで傷だらけにされてしまい、

 

 

車両保険を利用して、
免責金額も支払うことなく、
スッキリと新車の状態に
戻してもらうことができました。

 

 

利用しなければおそらく数十万円の費用になったかと思います。

 

 

このような形で利用しなければならないのは残念ですが、
本当に追加設定しておいてよかったと思いました。

 

 

最近はどんな条件でも完全に保証するタイプと、
一部分に限定したタイプの車両保険があり、
高額なイメージのある車両保険でも、
安価に設定できる商品が増えています。

 

 

特にいたずらなどが心配な場合には、
一部に限定したタイプだけでも設定しておいたほうがよいでしょう。

 

 

例えば軽自動車であれば、
車両なしで年額3万円のところ、
車両追加で7万円程度にまで膨れ上がりますが、
助けられた際の恩恵は充分に大きなものです。

 

 

>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「車両保険とは?車両保険の種類・4通りの付帯方法」のページに進む

トップへ戻る