鹿と衝突した事故で、車両保険に助けられました!

車両保険を利用して助けられた思い出があります。

 

 

長女は、広島の北部の交通の便の悪い大学に進学しました。
大学に行くバスはあったのですが、
いっぱいで乗れないこともあり、
実験で夜遅く帰ることもあるので車が欲しいというので、
買ってあげました。

 

 

初心者なので、車両保険も入ったほうがいいだろうと夫が言い、
保険料は10万円ぐらいにしたと思います。

 

 

ある夜10時頃、我が家に電話がありました。

 

 

「お母さん、事故したよ。どうしよう。今大学で血を洗っとるんよ。
エンジンが変な音がするし」

 

「えっ、人をはねたの?」

 

「鹿をはねたんよ」

 

 

どうやら、大学からの帰りの山道で鹿が突然飛び出してきて
はねてしまったようです。

 

 

「とりあえず、車はほっといて、タクシーで帰りなさい。
あとは保険の人に連絡するから。
近くの車屋さんに明日電話してなおしてもらって」

 

 

と言いました。

 

 

 

翌日の朝、保険会社の方に連絡をしました。

 

 

車両保険を利用して
全額保険で修理できるとのことで、

 

 

助けられたとほっとしました。

 

 

鹿が突進してきたので、衝撃が強く、
けっこう車のフロントが潰れていたようです。
もし、自費で修理していたら数十万円かかったと思います。

 

 

今、次女もたまに私の車を利用するので、車両保険をかけています。

 

 

運転の未熟な人や、
仕事や用事で運転することが多い人は、
車両保険に入ったほうが安心だと思います。

 

>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「車両保険とは?車両保険の種類・4通りの付帯方法」のページに進む

トップへ戻る