保険を利用して修理代金を払うことができ、保険に助けられました。

自動車保険に加入するとき、
付帯するかどうか悩むのが車両保険だと思います。

 

 

保障内容が充実するのは安心なのですが、
車両保険を付帯すると自動車保険全体の料金が、
そこそこ上がってしまいます。

 

 

利用する機会があれば良いのですが、
機会がなければ、保険料がもったいない。
付帯するかどうか結構悩むと思います。

 

 

とくに事故にあったとき、自損事故ならともかく、
車同士の事故で明らかに相手が悪い場合でも、
こちらも動いていれば、ほぼ必ず過失割合を取られ、
自分の損害に対しても、
自腹を切らなければならない場合になることが多いと思います。

 

 

もしもの時に、保険にはいっていたら助けられたのにと、
思うことも多くなると思います。

 

 

私も一時停止無視の車と事故になり、
相手の方が過失が明らかに多いにもかかわらず、
こちらも過失割合を取られてしまいました。

 

 

幸いけがはなかったのですが、
車は左前がかなり壊れてしまいました。

 

 

修理も大がかりになり、過失割合が少ないにもかかわらず、
結構な額の修理代金を要求されました。

 

 

私は、車両保険に入っていたので、

 

 

保険を利用して修理代金を払うことができ、
保険に助けられました。

 

 

私は、車両保険利用で助けられたので、とても感謝しています。

 

 

そのほかに、最新の車を購入する方には、
車両保険を付帯することをお勧めします。

 

 

それは最近の車は以前の車と比較して、
様々な装備が備わっており(特にコンピューター関連)、
またコストカットのため、ボディなど一体化が進み、
修理が高額になる傾向があるためです。
これは修理を頼んだ工場の人が教えてくれました。

 

 

万が一に備える保険。
せっかくは入っていたのに、必要なときに
保障内容が足りなかったなんてことはないようにしたいですね。

 

>>自動車保険一括見積もり【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「車両保険とは?車両保険の種類・4通りの付帯方法」のページに進む

トップへ戻る